Compare canon ixy vs panasonic lumix

人物や風景、夜景、マクロなど、さまざまなシーンで撮影したサンプル写真を交えながら、この秋注目の4機種の画質をくわしくレビューする。

※作例は、それぞれ専用のシーンモード(人物、風景、夜景、マクロ)もしくはオート撮影で撮影。作例のサムネイル画像をクリックすると未加工の元画像(2~4MB程度)が別ウィンドウで表示されます

夜景作例

キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」
キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」オート、F2.8、1/25秒、ISO800

キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」長時間撮影、F2.8、1秒、ISO80

パナソニック「LUMIX DMC-FX60」
パナソニック「LUMIX DMC-FX60」オート、F2.8、1/20秒、ISO800

パナソニック「LUMIX DMC-FX60」オート、F2.8、1/4秒、ISO80

リコー「CX2」
リコー「CX2」オート、F3.5、1/30秒、ISO800

リコー「CX2」夜景、F3.5、1秒、ISO80

富士フイルム「FinePix F70EXR」
富士フイルム「FinePix F70EXR」オート、F3.3、1/20秒、ISO800

富士フイルム「FinePix F70EXR」オート、F3.3、1/4秒、ISO100

コンデジで夜景を撮影する場合に注意したいのは、メーカーや機種によって暗所撮影に対するアプローチが異なることだ。今回紹介する4機種はいずれ も、暗所でオート撮影をしようとすると、感度を上げることでシャッタースピードを保ち、手持ち撮影での手ぶれを軽減しようとする。異なるのは、夜景向けの シーンモードの内容。夜景向けのシーンモードにおいてもオート撮影と同様に感度を上げようとするのがパナソニック「LUMIX DMC-FX60」と富士フイルム「FinePix F70EXR」だ。ただ、「LUMIX DMC-FX60」は、感度とシャッタースピードのバランスを見て、手ぶれ補正機能で対応できるギリギリのシャッタースピードに設定するようだ。それら2 機種とは逆に、キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」とリコー「CX2」の夜景向けのシーンモードは、三脚利用を前提とした長時間露光モードとなっている。

左列のライトアップされた木々を写した写真は、オート撮影(手持ち撮影)での高感度写真となっている。比較すると、高感度に対するノイズ耐性につい ては、「高感度・低ノイズ優先モード」で撮影された富士フイルム「FinePix F70EXR」がややリードしている感があるが、他機種もかなり健闘している。なお、右列の写真は、キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」とリコー「CX2」では、夜景撮影向けのシーンモードを選択して三脚撮影したもの。パナソニック「LUMIX DMC-FX60」と富士フイルム「FinePix F70EXR」では、感度を低感度に設定して三脚撮影したものとなる。完全に同条件で撮影したものではなく、露出にバラツキがあるので参考程度にチェック してみてほしい。

マクロ作例

キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」
キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」オート、F2.8、1/390秒、ISO200

キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」オート、F2.8、1/1250秒、ISO80

パナソニック「LUMIX DMC-FX60」
パナソニック「LUMIX DMC-FX60」オート、F2.8、1/30秒、ISO200

パナソニック「LUMIX DMC-FX60」オート、F5.0、1/400秒、ISO80

リコー「CX2」
リコー「CX2」オート、F3.7、1/36秒、ISO168

リコー「CX2」オート、F7.4、1/500秒、ISO80

富士フイルム「FinePix F70EXR」
富士フイルム「FinePix F70EXR」オート、F3.3、1/20秒、ISO200

富士フイルム「FinePix F70EXR」オート、F6.4、1/400秒、ISO100

左列が室内の蛍光灯下で、黒い布をバックにカラフルなピーマンを撮影した写真、右列が室外の太陽光下で時計を撮影した写真である。いずれも、同じ設 定(広角側でオート撮影)で撮影を行っている。なお、撮影シーン自動認識機能を備えるキヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」、パナソニック「LUMIX DMC-FX60」、富士フイルム「FinePix F70EXR」 の3機種は、被写体にレンズを近づけることで自動的にマクロモードが選択された(リコー「CX2」は、マクロモードを手動で選択している)。

解像感については、いずれの写真も申し分ない高いレベルにある。ただ、左列の写真を見ると、ピントのあった細かい部分の描写力では、解像度を重視す る「高解像度優先モード」を選択した富士フイルム「FinePix F70EXR」がややリードしている。左列の写真の仕上がりについては、キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」がアンダー目で、「FinePix F70EXR」 が明る目になったのが面白い。

なお、マクロ撮影の“楽しさ”という点では、被写体まで最短約1cmまで寄れるリコー「CX2」に軍配が上がった。「CX2」は、AFポイントを任 意の位置に設定できるのも使い勝手がよかった。AFに関しては、キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」が秀逸。マルチAFの精度が高く、狙ったところにカメラが勝手にピント合わせをしてくれるケースが多かった。さらに、タッチパネル操作でAFポイン トを任意の位置に設定できるのも便利だった。パナソニック「LUMIX DMC-FX60」は、今回試用した4機種のなかでAF速度がもっとも速く、レスポンスよく撮影が行えたのが好印象。追尾AF機能で任意のポイントにAF を決めて構図を変更できるのも高ポイントだ。

レビュー機種
機種 価格.com 最安価格
キヤノン「IXY DIGITAL 930 IS」 17,800円 製品の詳細・クチコミをチェック
パナソニック「LUMIX DMC-FX60」 24,150円 製品の詳細・クチコミをチェック
リコー「CX2」 14,500円 製品の詳細・クチコミをチェック
富士フイルム「FinePix F70EXR」 19,000円 製品の詳細・クチコミをチェック
  • インデックス

About eagle081183

Passionate, Loyal
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s